ゆるさとじまん

着物で城下をひいなめぐり

2015年02月19日 11:35

きつみん<br />
住んでいるところ…大分県杵築市<br />
特徴…恥ずかしがり屋でほっぺが赤い
きつみん
住んでいるところ…大分県杵築市
特徴…恥ずかしがり屋でほっぺが赤い
 大分(おおいた)県杵築(きつき)市のキャラクター・きつみんです。地元の小学生が、お祭りのために描(か)いてくれたマスコットとして生まれたんよ。

 がんばり屋のせっしゃ(ぼく)は、杵築市の公式キャラクターに選ばれたんよ。今ではお祭りだけに登場するんじゃねえで(するんじゃなくて)、杵築市のためにいろんな行事に参加しよって、幼ち園や小学校にも顔を出しよるよ。

 せっしゃが住んでいるのは、江戸(えど)時代にタイムスリップしたような、日本一小さなお城(しろ)・杵築城(じょう)がある城下町。日本で最初に「きものが似合(にあ)う歴史的町並(まちな)み」にも選ばれたんだ。

 せっしゃのよそおいも、この町の江戸ふぜいを意識(いしき)しちょるんよ。シイタケのちょんまげに、名産のお茶をイメージした緑色の着物を着て、腰(こし)には刀を差しちょるんよ。

 3月15日までは、城下町をめぐりながらいろんなひな人形を楽しめる「ひいなめぐり」も開催(かいさい)しよるよ。みんなも着物に着替(きが)えて一度遊びに来ちょくれ。

    ×      ×

 ●きつみん
 ▼住んでいるところ…大分県杵築市
 ▼特徴…恥ずかしがり屋でほっぺが赤い


=2015/02/19付 西日本新聞朝刊=

バックナンバー

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]