■ 昇開橋と金星 ■


[写真にマウスを合わせると解説つきの写真に切り替わります。]
大きいサイズで見る [ 700×700px ]

最近、夕方にビックリするほど明るい星を見ませんでしたか?
南西の空に輝くその星は“金星”です。
その最大光度は-4.6等で1等星の約150倍もの明るさにもなり、日中でも確認できる程です。
明るい星が無い山羊座は、金星の明るさに負けています。

筑後川の河口近くの福岡県大川市を車で通った時に見つけた筑後川昇開橋は、国指定重要文化財、Aランク近代土木遺産に指定されています。
その理由は橋桁(約20m)が現在も動く事にあります。

船と列車の往来する度に、橋桁が上がったり下がったりしていたそうです。
現在は廃線の為、列車こそ通りませんが動態保存されていています。

橋のシルエットが夜の暗闇に埋もれた頃、ライトアップによって浮かびあがります。

 [2005.12.21up]

Jz

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]