■ 米塚と北斗七星 ■


[写真にマウスを合わせると解説つきの写真に切り替わります。]
大きいサイズで見る [ 700×700px ]

阿蘇に米塚と呼ばれる小高い山がある。
人工的に造られたように見える程、整った形をしている。

調べてみると、阿蘇開拓の祖「健磐龍命」という人が収穫した米を積み上げてできたという伝説が名前の由来で、上のくぼみは貧しい人々に米を与えた跡と言われているらしい。
米粒のくぼみの形に似ているから。という話もありますが・・・。

Jzは、幼い頃から米塚が好きだったので、撮影する事にしました。
行ってみると、まだ少しが残っていました。

撮影したのは、2001年12月31日。
午前1時36分からの5分間露出です。
何故、そんな日のそんな時間かというと、暇だったからという説と、晴れていたからという説がありますが、どちらかわかりません。

北斗七星は、おおぐま座の一部分です。
オリオン座と同じ位、認知度が高いみたいです。
北極星がわからない人が多いみたいです。今度、探してみて下さい。

Jz

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]