夜空を見上げて

アイソン彗星と火星

アイソン彗星 東の空のかがやきに期待

間もなく見ごろをむかえるアイソン彗星(すいせい)を大分県日田市前津江町(まえつえまち)で撮影しました。

アイソン彗星は、今年最高の天文ショーとして期待されています。太陽に最接近した後の12月はじめから中ごろの明け方、肉眼で見ることができる明るさになるといわれています。事前に東の空が見わたせる場所を探しておくといいですね。

撮影したのは10月中旬。明け方の東の空で明るくかがやくオレンジ色の火星とアイソン彗星が並んでいました。彗星はまだ暗いですが、特有の尾ははっきり写りました。

彗星の中には期待に反して実際には明るくならないこともありますが、アイソン彗星は、少なくとも3等星程度の明るさにはなるようです。エメラルドグリーンの淡いかがやきと、特有の尾をじっくりと観察してみましょう。

 (星空案内人 Jz)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]