夜空を見上げて

はくちょう座

夜9時ごろ、ほぼ真上に明るい星が三つ輝(かがや)いています。こと座(ざ)のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。この三つの星をつないでできるのが「夏の大三角」。都会の夜空でも、簡単(かんたん)に見つけることができるので、ぜひ探(さが)してみて下さい。

十字に星が並(なら)んでいるはくちょう座は、天の川の中に位置しています。まるで翼(つばさ)を広げた白鳥が川に沿(そ)って羽ばたいているようです。はくちょう座が西に沈(しず)む前には、地平線に十字架(じゅうじか)が立っているようにも見えます。

白色の1等星のデネブは、白鳥の尾(お)の部分。くちばしにあたるアルビレオは、明るい星ではありませんが、二つの星が一対(いっつい)になった二重星(にじゅうせい)です。天体望遠鏡で観察すると、オレンジ色の星と青い星が寄(よ)りそって見えます。夜空の宝石とよばれるほどの美しさで、天文ファンの間でも人気です。

 (星空案内人 Jz)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]