夜空を見上げて

マックノート彗星

(2010年6月)

 肉眼で見る事が出来る彗星にウキウキしています。
しかし梅雨がはじまったばかりで、晴れ間が期待できません。本当なら6月下旬が明るさのピークですが、その時に晴れるか分からないのでチャンスがあれば、撮影に行くつもりでした。

なんとか晴れそうな日を見つけたので、レッツゴー。
時間にゆとりがあったので、のんびり車を運転していると3回もキツネに遭遇。今日はイイ事あるかも。(18年で3回しか見た事無い)

無事に久住に到着し、山の空気を体に入れながら満天の星空を見ていましたが、気になる事が一つ…。
北西の方角に灯りが見えるのです。「車のライトにしては明るいなぁ。」とブツブツ言いながら待っていましたが、一向に消えません。彗星が出てくる方角なので、絶対ダメな事です。仕方なく車で確認する事にしました。
行ってみると、工事現場のライトが昼間のように辺りを照らしています。交通整理をしている人がいた(夜の2時)ので話しかけてみると、口蹄疫の消毒ポイントなのだそうで、一晩中ライトをつけているとの事。
口蹄疫がこんな所にまで影響しているなんて驚きでした。

マックノート彗星

急遽、久住周辺で撮影ポイントを何ヶ所も回りましたが、条件が合わず全てダメでした。(その間に3回も消毒ポイントがありタイヤの消毒をしました。)どうしても見つからず、結局道端で撮影する事に…。

その場所では、山が邪魔で彗星の出現が遅くなるけど仕方がない。機材を組み立てて山の上から彗星が出てくるのを待っていました。

そろそろ東の空が明るくなってくる頃です。するとテスト撮影をしているカメラの画面にエメラルド・グリーンの彗星が写っていました。
あわてて構図を決め、2枚撮りました。彗星の尾が意外と長く嬉しくなりました。(よく見ると、うっすら長い尾が写っています)

小さな双眼鏡でも見えたし、彗星は順調に明るくなっています。
その後は、次第に空が明るくなり星が見えなくなって撮影は終了です。

「たった2枚の為に苦労したなぁ。」が、その夜の感想です。
帰宅途中、濃霧が発生していました。久住以外の場所だったら晴れなくて彗星は見られなかった事でしょう。
キツネの幸運は、それだったのかもしれません。

 (星空案内人 Jz)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]