夜空を見上げて

ルーリン彗星 その4

(2009年3月)

週間天気予報では、しばらく悪天が続くと言っていましたが、運良く3月1日に晴れたのでルーリン彗星を見に行きました。夜空は100点満点でいう80点ほどのイイ状態。気温はマイナス4度で夜露もなく、絶好の環境がそろいました。

ルーリン彗星が真上に見える最良の時が来るまで、別の彗星を撮影することにしました。いま、ルーリン彗星が話題ですが、他にも多くの彗星が見えます。彗星は太陽に接近した時に活発になります。しかし、ほとんどが望遠鏡で見てもギリギリ淡い姿を確認できる程度。太陽から遠ざかると、まったく見えません。彗星は全200ミリメートルの望遠レンズで撮影していますが、シミのようにしか写らないのです。

前回、雲間からの撮影で空の透明度が悪く、彗星の尾の細かな部分までは写すことができませんでしたが、今回は大丈夫。なんせカメラのファインダー越しに尾が見えていたから。30枚くらい、条件を変えて撮りました。

ルーリン彗星は今後、急激に暗くなって宇宙の彼方に去っていきます。

ルーリン彗星

 (星空案内人 Jz)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]