紙面から

【ニュース DE PON】横綱3人ともモンゴル出身

2014年06月11日 12:17

 おリカ 大(おお)相撲(ずもう)の夏場所が始まったね。横綱(よこづな)が3人に増(ふ)えたの?

 新聞くん そうだよ。3月の春場所で優勝(ゆうしょう)した鶴竜(かくりゅう)が横綱になったからね。横綱が3人になるのは13年ぶり。しかも、白鵬(はくほう)、日馬富士(はるまふじ)、鶴竜の3横綱ともモンゴル出身。3人の外国出身者が同時に横綱の地位につくのは初めてだ。横綱の誕生(たんじょう)は、朝青龍(あさしょうりゅう)から鶴竜までモンゴル勢(ぜい)が4人連続。日本の「国技(こくぎ)」はすっかりモンゴルの時代だね。

【ニュース DE PON】横綱3人ともモンゴル出身 紙面はこちら

 おリカ なぜモンゴルの人たちはそんなに相撲が強いの?

 新聞くん モンゴルには相撲ににた伝統的(でんとうてき)な格闘技(かくとうぎ)があって、とても人気なんだ。モンゴルの人たちは日本の相撲になじみがあるのかな。それと、ハングリー精神(せいしん)。1992年春場所でモンゴル人力士が生まれ、その後、相撲はモンゴルに衛星中継(えいせいちゅうけい)されて人気が出た。経済(けいざい)が発展(はってん)している日本で強くなれば有名になり、お金をかせげる。力士は夢(ゆめ)のある存在(そんざい)だから、きびしいけいこにもたえられるんだ。

 おリカ モンゴルのおすもうさんはたくさんいるの?

 新聞くん 5月の夏場所で42人の幕内(まくうち)力士のうち、10人はモンゴル出身。地位が下の人たちを入れると27人もいるよ。外国出身力士の受け入れは原則的(げんそくてき)に1部屋1人と制限(せいげん)されているので、大きく増えることはないだろうけど、今ではモンゴルから日本の高校に相撲留学(りゅうがく)させ、プロの卵(たまご)を育てるルートもできた。ともに高校から日本へ来た幕内照ノ富士(てるのふじ)や十両逸ノ城(いちのじょう)など、将来(しょうらい)が楽しみな若手(わかて)もいる。モンゴルの力士が強い流れは今後も続くかもしれない。

 おリカ 他の国のおすもうさんは?

 新聞くん モンゴル以外に10カ国から来ているよ。中国(3人)、グルジア(2人)、ロシア(2人)などだ。日本の力士はちょっと元気がない。優勝は2006年初場所の栃東(とちあずま)が最後。横綱も貴乃花(たかのはな)が03年初場所で引退(いんたい)してからいなくなり、さびしい状況(じょうきょう)だ。原因(げんいん)の一つは相撲がさかんではなくなったこと。昔はよく小学校にも土俵(どひょう)があったけど、今は他のスポーツに人材を取られている。大関の稀勢(きせ)の里(さと)や、活躍(かつやく)に髪(かみ)がのびるのが追い付かずにのばしっぱなしだった幕内の遠藤(えんどう)など、日本勢のまき返しに期待したいね。

【ニュース DE PON】横綱3人ともモンゴル出身 紙面はこちら

=2014/05/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]