こどもっとだいがく

森となかよし キノコの菌打ち体験【午前】

この日は大変な大雪でした。
交通機関がマヒした中、たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました。
また、今回動けず残念ながら参加できなかった方々も、また機会がございましたらぜひご参加ください。

冬の寒い時期しかできないキノコの菌打ち体験。
今回も自然の循環やキノコの役割を学んで、キノコの菌打ちを体験しました。

まずはキノコの役割について学びました。
キノコってそもそもなんなのか、キノコはどんなふうに増えていくのか、
キノコの生えやすい木は?など、様々なことを教えてもらいました。

こんな大きな木に穴をあけて菌の種を打ち込んでいきます。
すごく重い木ですが、森の中で寝かせてキノコがはえる頃にはすごく軽く細くなっているんだそうです。
それだけ栄養と水分が抜けるのですね。

今日菌打ちしたものの半分サイズの木を持ち帰りました。
直射日光を避けて湿度の高いところで保管するとどんどんキノコが出てくるそうです。
この日キノコが苦手と挙手をした参加者がいましたが、
とれたてのキノコを食べて苦手を克服してくれたら嬉しいです。