こどもっとだいがく

楽しい科学~ほかほかカイロを作ってみよう~

バーミキュライト、鉄粉、活性炭、食塩水を使ってホッカイロを作りました。
ホッカイロの熱が発生する仕組みを学びながら、化学反応について学びました。
化学反応と聞くと難しそうな響きに聞こえますが、生活の中でひんぱんに役立てられています。
私たちが快適に生活するために科学がどのようにかかわっているか、わかり易く学べました。

材料について説明を受けました。
鉄粉は非常に細かい粒子のため、吸い込まないように保護者の方にも隣についてもらい、手順を教えてもらいました。

材料の粉を混ぜ、食塩水をたらします。
食塩水を入れることで酸化が進みます。
参加者も好奇心いっぱいにその様子を見ています。科学が好きなのでしょうね!

材料を混ぜて茶袋に入れ、酸素を入れながらよくもんでいくと、少しずつ温かくなってきました!
市販のホッカイロもおんなじような仕組みとのこと。
何気なく当たり前に使っているものでも、仕組みがわかることで、もっと面白いと感じるものが増えていきます。
何か不思議に思ったら、自分で調べてみると何か発見があるかもしれませんね。