こどもっとだいがく

ヘナでもようを描いた木のキーホルダーを作ろう

こどもっとだいがく第3部が始まりました。
初回の授業ではヘナでもようを描いた木のキーホルダーをつくりました。
ヘナの特性や木の加工の仕方などをきいて、オリジナルの作品をつくりました♪

はじめに木を滑らかになるまで削っていきます。
4種類の紙ヤスリを使い分けて、どんどん削っていきます。
年齢が低い参加者にはちょっと大変な作業ですが、みなさん頑張って削っていました。

ケーキのホイップをしぼる要領で、ヘナで模様を描いていきます。
紙に試し描きしたのちに木のキーホルダーに描きました。
時間をかけて削ったキーホルダー。
失敗しないように慎重に描いていきました。

出来上がりはこんな感じ。
こんもりとした茶色のヘナを、ある程度時間を置いたらぽろぽろとはがしていきます。
すると色が木に移っているそうです。
完成は家でのお楽しみですね!