こどもっとだいがく

日本画えのぐを使って、うちわに絵を描こう!(午後)

午前の授業に引き続き、午後も日本画の授業を開催しました。
チューブから出す顔料とはどう違うのか、日本の伝統的な絵画とはどうやって描かれているのか、
体験して学びました。


以下参加者の声を一部ご紹介
「とても楽しくできてうれしかった。思っているよりきれいにできた。また、やってみたい。」
「えのぐをつくるとこがおもしろかった。」
                         ※アンケートへのご協力有難うございました。

初めに先生から、“日本画とはどういうものか”、“たくさん並べられた顔料をどのようにして絵の具にするのか”などの説明を聞きました。

たくさんの絵の具の中から必要な色を選びます。
色も絵の具の粒の大きさもさまざまです。
細かく砕いて使います。

作った絵の具で絵を描きます。
黒い絵の具に花火の色が映えていますね。