こどもっとだいがく

親子で楽しむ能楽体験

日本の伝統芸能、能について学びました。
こどもっとだいがく2010第3部最終日は、能楽師の久保誠一郎先生にお越しいただきました。
狂言との違いや、どういう時、どういう人たちに向けて演じられてきたかなどを教えていただきました。

午前の授業同様、久保先生による能の実演を鑑賞しました。
扇を刀に見立てたり、とても迫力のある演技でした。

声をあわせて「高砂」を唄いました。
先生に負けないくらい大きな声を出して唄いましょう!
声の上げ方や下げ方が独特で、初めは戸惑いながらも
何度も唄ううちにとても上手に唄えるようになってきました。

最後にしまいを踊りました。
今回も参加者が志願して踊ってくれました。
姿勢もまっすぐで声も良く出ていて、格好良く踊れていました。