こどもっとだいがく

世界のめずらしい民族楽器を見て聴いて触れてみよう!

民族楽器にはどんなものがあるか知っていますか?
国が違えば音楽もぜんぜん違っているんです。
いろんな国の音楽を知っている民族音楽のプロ 若林忠宏先生に、音楽の面白さを教えてもらいました!

みんなが知っている音程は「ドレミ・・・」ですよね。
インドでは音程も独自の発音があるそうです。
まずは先生がインドの弦楽器シタールを演奏してくれました!
なじみのある音楽も、インド風にアレンジしただけで違って聞こえますね。

へび使いの笛の演奏です。
こどもっとだいがくせいにへびを演じてもらいました。
笛の音色にあわせてへびも動きます。

また、アフリカの打楽器にあわせて、声でのリズムのとりかたの実演もしていただけました。
非常に細かいリズムの刻み方に歓声もあがりました。

みたことも聞いたこともない楽器を実際にならしてみましょう。
うまく鳴らせるようになったら、かえるのうたの合奏にも挑戦してみました。

異国の見たことのないたくさんの楽器にふれて、未知の音楽の可能性を感じました。
「音楽っておもしろい!」手放しにそう言えるような楽しい授業になりました。