こどもっとだいがく

フュージング(ガラスの溶着)で作るガラスのペンダントトップ

毎回とても人気のガラスのペンダントトップ作り体験。
今回も糸島の工房「ひとつぶの空」から島崎先生が来てくださいました。

ペンダントトップのベースの色を決めて、カットしました。
透明ベースか不透明ベースか、どちらを選ぶかでもかなり出来上がりの印象が変わってきます。
決まったらガラスに傷をつけて、専用のペンチのような道具で割ります。
馴れないうちは先生に手伝ってもらいましょう。

切ったベースに、小さな色ガラスや飾りのシートを並べます。
出来上がりをイメージしながら、一番しっくりくるカタチを探っていきます。

熟考中・・・。
しっかりと考えて作ったオリジナルのペンダントトップ。
焼き上がりが楽しみですね。