こどもっとだいがく

応急手当講座(いざという時に備えて)

「いざというとき、家族や友達を守るのは君たちです。」
こんな言葉から授業が始まりました。
実際にあったいろいろな例を取り上げて、救命の意識を高めていく、
とても意義深い授業になりました。

はじめに119番の電話のことや、時間と蘇生の確率の推移のことなどを聞きました。
いざというとき、あわてずに肝心な情報を伝えられるように、
先生の話をしっかりと心に留めておきましょう。

人形とAEDを使って、気道の確保や心臓マッサージを実践してみました。
実践中も、質問がたくさん飛び交っていました。
想像していたよりも過酷な命の現場のことをたくさん学べました!

協力して気道の確保と心臓マッサージ。
先生もサポートしてくれました。